昨日の常識、今日の非常識 !? リフトアップは、上げるでなくて、下げる、が正解 ♪

こんにちは、chieです。

女性なら誰でも、最近では男性も?

お顔の「リフトアップ」には興味津々ですよね。

「アップ」というままに、顎から目尻にむかって、

ぐいぐいと頬を押し上げるようなマッサージ、してませんか ??

 

はい、それ、

 

今日からは、ナシにしましょう ♪

 

たるむのは、皮膚ではないから

 

 

あがれ~、あがれ~

 

って、ぎゅわぎゅわやると、逆に皮膚を傷めます。

 

皮膚のたるみを解消する

 

というのが、リフトアップの一般的な認識だとおもいます。

そもそも、これが誤解のもと

 

 

たるんでいるのは、皮膚ではなくて、

内側にある筋肉なんです

 

筋肉がたるむ、というか、緊張して硬くなってぺちゃっとなってるんですね。

 

 

だから、カラダのケアとおんなじ

 

ぎゅわぎゅわやっても、筋肉は硬くなります

 

優しく触れて撫でて、筋肉をふわふわにしてあげるだけでいいんです。

 

 

上から下へ。

 

さとう式のケアを受けたことがある方は、ご記憶にあるかもしれません。

 

さとう式のフェイシャルケアは、ぜんぶ、

 

上から下

 

です。

 

こめかみから下顎角にむけて

目頭のあたりから口角にむけて

 

など

 

ぜんぶ、優しく触れながら、お顔の細かい筋肉を狙ってます。

 

で、筋肉を狙って柔らかくしているから、当然のように骨も動くんですよね。

 

だから、あっという間に小顔になる

おつかれで、萎んでたら、張りがでる。

 

腔も筋肉も連動してるから、

お顔を触ってなくてもお顔が変わる ♪

 

やっぱり耳たぶ

 

 

で、いろいろ考えると、お顔のケアの要はやっぱり「耳たぶ」。

噛むときに使っている筋肉(咬筋)をゆるめることがとてもだいじです。

 

そこがゆるまないと、まわりもゆるまないんですね。

 

だから、耳たぶまわし

 

ズボラで輪ゴム

 

味気ないし、ずっとできないから、

 

可愛くてずっとできるイヤーフープ

 

と、そこに行き着いた最近のさとう式です(笑)

 

お顔が変わると、なんだか楽しいですよね。

 

お顔のケアはセルフケア講座でしっかりお伝えします ♪

 

.+*:゜+。.☆  ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

kefi でのカラダメンテナンスのご予約・各種お問い合わせはコチラ ♪

kefi で受けられるさとう式リンパケア各種講座のご案内はコチラ ◎