太らないのがおしごと、ていうのがあるよね♡ リンパケアで太れなくなるカラダに。

こんにちは、chieです。

 

カラダをととのえることのひとつとして、

 

自分に合った体重でいること

 

はとても大事ですよね。

 

ダイエットをして、痩せればいいというものでものなく、

 

痩せすぎたから太ればいいというものでもなく、

 

どの状態が自分にいちばん合っているのかが、わかればいいんだと思います。

 

リンパケアは、自分にいちばんあったカラダの状態に、ととのえるのが得意なんですよ ♪

 

どうして「太る」の?

 

「太る」の原因のほとんどは「食べすぎ」です。

 

「運動不足」も要因のひとつではあるのですが、

 

動かないなら、その分、食べなければいいんです。

 

動かない分、少量の、必要なエネルギーがあればいい。

 

in とout のバランスが悪くなるから太ってしまうんですよね。

 

たぶん、そのことにはみなさんお気づきなのだと思います。

 

が、

 

そうはできないのが、ストレスだらけの生活の中にいるときだったりします。

 

どうして「食べすぎる」の?

 

つい、手がのびてしまう
食べてないと落ち着かなくて

 

ということをよく聞きます。

あと、眠気を覚ますために、夜中に食べるということも。

 

 

食べてないと落ち着かなくて

 

 

これが本質をとらえています。

 

「食べる」という行動は、副交感神経を優位にしてくれるんです。

 

副交感神経が優位になると、カラダがリラックスする、安心するんですね。

 

緊張状態が続いていたり、忙しくて睡眠時間が減っていたり、生活のリズムが乱れる、ストレスが多い、という状態だと、交感神経が優位になります。

 

常に臨戦態勢で、カラダが休まりません。

 

以前、睡眠の質のお話の中でも書いていますが、

 

カラダを休めたいときには、副交感神経がお仕事できる状態にしてあげないといけないんですね。

 

それが上手にできなくなると……

 

 

「食べる」行動に走りやすくなります

 

 

消化管は副交感神経が優位でないとはたらかないので、それを逆手にとっているんですね。

 

消化管を働かせて、副交感神経にお仕事をさせよう、と。

 

食べていないと、いられないとき、というのが、

 

 

強制的に、副交感神経にお仕事をさせようとしている状態です。

 

 

カラダが、

 

 

ちょっと、休みたいんですけど……

ちょっと、安心したいんですけど……

 

 

というサインを送ってくれているようなものだ思います。

 

リンパケアで、副交感神経がお仕事をしやすい状態に

 

リンパケアはカラダの筋肉の緊張をゆるめて

呼吸で全身に栄養が届きやすい状態をつくって

交感神経をお休みさせる状態にカラダをととのえるとができます。

 

交感神経がお休みすると、自然に副交感神経がお仕事をしやすくなるんですね。

 

「食べる」ことで無理に副交感神経を働かせるのとは、逆のイメージです。

 

そうすると、「リラックスするための不自然な食欲」は出にくくなります。

 

これが、リンパケアで「太れなくなる」しくみです。

 

太らなくなる、というより、太れなくなる、かな、と思います。

 

「太る」は=体重が重くなる、ではないとおもう

 

わたしが思っていることなのですが、

 

「太る」は、単に体重が重いということではなく、

 

その人の人生に合っていないような重さになっている状態、

 

ではないでしょうか。

体重は筋肉の重さでも随分変わるので、アスリートや重労働をして筋肉を必要とする人は、自然と重くなります。

 

それは太っている、とは違うものですよね。

 

その人が生きる中で、必要な状態であればいいと思うのです。

 

ぽっちゃりしている人でも、それがその人に合っているなぁ、と思う方は、とても素敵でキラキラしていて、素敵なんです。

 

「太っている」て思わないんですよね。

 

言葉の使いよう、というところかもしれませんが。

 

太らないのがおしごと、ていうのがあるよね ♡

 

きょうのタイトルは、先日、みき子先生の講座のお手伝いのときに、先輩インストラクターの聖妃ちゃんが言ったことば。

 

ランチのあと、デザートを待つふたり。
デザートの提供が遅くて、ほかのみんなは実は講座に戻っています(笑)

 

 

太らないのがおしごと、ていうのがあるよね ♡

 

たしかに(笑)

これも本質。

 

リンパケアをやっていると、不自然な食欲はなくなります

ケアが追い付かないくらい、やることが増えたり、ストレスが多くなると、食欲が出てきます。

 

そういうカラダの変化にも敏感になるので、

変な食欲が出てくると、

 

 

あ、ケアたりない。休みたりない。 

 

 

と、自分でコントロールすることができます

 

さとう式のインストラクターが、みんな健康的でキラキラしているようにみえるのは、こういうコントロールが得意で、カラダをラクな状態にしてあげられているからなんですね。

 

まいにちのセルフケアで、太りにくいカラダを作りませんか ?
無理なダイエットと違って、だれにでもできることですから ♪

 

きょうも読んでくださって、ありがとうございます◎

.+*:゜+。.☆  ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

kefi でのカラダメンテナンスのご予約・各種お問い合わせはコチラ ♪

kefi で受けられるさとう式リンパケア各種講座のご案内はコチラ ◎