工作員募集中 !?「医療×さとう式」が早く当たり前になったらいいとおもう。

こんにちは、chieです。

 

3月になりましたね。

 

11日のグランドオープン(ていうのかな?)に向けて、ちょっと表に出てみよう、と、外看板を出してみました。

表に出はじめるので、同じビルの皆様にごあいさつにいきました。

 

同じビルには、整体院、歯科素材(?)を扱っている会社、ダンススタジオ、が入っています。

 

なんだか、こう、並べてみると、ただならぬご縁を感じてしまいました。

 

整体経営している柔整師のみなさま、さとう式を身につけたらすごく人気出ると思いますよ ?

 

 

さて。

 

今日、初めてサロンを利用してくださったアイちゃん。

 

四十肩で整形外科に週1回通っているとのこと。

炎症を抑える時期は過ぎて、今はヒアルロン酸で対応中です。

 

ケアは肩周りを集中的にして、痛みがどうしたら消えるか、をお話しながらセルフケアまでお伝えしました。

 

帰るころには、「最初より着替えるのがラクでした♪」とうれしいおことば。

 

ありがとうございました◎

 

お話しながら、おもったこと。

 

整形外科にさとう式を標準装備したらいいのに。

 

肩こりも、腰痛も、腱鞘炎や四十肩も、骨折とか肉離れとか捻挫とかも、

 

整形外科で扱う症状の多くが、さとう式の守備範囲にあります。

 

医師の診断 + 最低限の投薬、もしくは急性期的に注射してみる

 

のあと

 

MRT + リンパケア

 

とくにMRTですが。

これを、リハビリメニューに組み込んで、セルフケアを伝えるだけで、どれだけ回復が早いか

 

医療とさとう式の合わせ技で、

 

どれだけラクに過ごせるひとが増えるか

 

堂々巡りに整形外科のリハビリに通い続ける人が

 

どれだけ減ることか !

 

健康、ってこういうこと ! って、すごく説得力があると思う。

 

柔整師さんとか理学療法士さんとか、ぜひ、さとう式の講座を受けてみてくださいね ♪

 

最低限の講座を受けるだけでも、自分の技として、スグ、お客様に提供することができます。

 

もともと持ってる知識と併せると、最強です。

 

そんで、医療現場にたくさん潜り込んで(笑)、

 

気が付いたら医療にさとう式が標準装備されてる、なんてことになったら

 

素敵だなぁと思った今日でした。

 

工作員、随時募集しています(笑)

 

.+*:゜+。.☆  ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

kefi でのカラダメンテナンスのご予約はコチラ

kefi で受けられるさとう式リンパケア各種講座のご案内はコチラ