猿のご縁~『KAMI-NAMI』余韻②~

あっという間に終幕から1週間が過ぎた『KAMI-NAMI』。

この写真すごく好き♡

 

前の記事も併せてお読みくださるとうれしいです。

 

波動空間『KAMI-NAMI』のこと。
香瑠鼓さんのこと~『KAMI-NAMI』余韻①~

 

終わってからも、出演者やスタッフのみなさまのブログやfacebookの投稿を拝見しては、また新たに気づき、動く動機と動きたい衝動をいただいております。

 

余韻②はわたしがいただいた「猿」のお役のこと。

 

わたし自身が猿でして。

 

わたしのまわりには、ご自身が「龍」だという方が数名いらっしゃって。お話を伺っているとほんとうに面白いのです。

 

で。

 

わたし自身はというと、「猿」でして。

 

勝手に、龍と遊ぶ猿だと思っています。
ドラゴンボールのイメージ。

無条件に大好きな漫画!

 

申年の生まれ、ということもあるのですが、どうにもこうにも、猿とのご縁が深いようです。

 

自分がそう、意識しているからかもしれませんが。

 

現在の住まいは、『猿江恩賜公園』という緑地に隣接。毎日、緑の恩恵をいただいております。

2年前、ベジータがいたらしいです。会わなかったけどなぁ(笑)

 

昨年12月から、朔日参りを始めました。
近所にある『猿江神社』へお参りをしています。

 

今年の6月からは、毎日のお参りをするようになりました。
朔日だけだと、忘れそうだから、毎日行くようになったんですよねー。

 



『猿江神社』は元は稲荷神社でもあり、
お狐さまもおいでです。
プラス馬頭観音さまも奉られている。
神社につきもの、狛犬&獅子もいるし、
もちろん鳩さんもお出迎えしてくれます。

 

猿、狐、馬、犬、獅子、鳥・・・・・・

 

この神社、なんだかすごいのです。
こんなに動物の居る神社、そうそうないです。
しかも狐さんの数が半端ない。

 

 

毎日、動物に囲まれた楽しい朝のひとときを過ごしております(笑)

 

サロンじゃないほうのお仕事で行っている赤坂には、日枝神社があります。猿江神社の次によく行く神社。

 

日枝は猿さんがいる神社。
猿田彦神社も、ここにはある。

 

 

さらに、日本舞踊に関連して意識するのは『佐瑠女神社』。

 

毎年の大晦日に伊勢参りをするのが恒例なのですが、欠かさずに参ります。

 

『猿田彦神社』の中にあるお社。

 

踊りの神様、
天宇受売命さま=佐瑠女さま、です。
そしてみちひらきの猿田彦さま。

 

どうにも、さるさるしております。

 

余談ですが。

 

両親の昔の写真てほとんど見たことがないのですが、なぜか1枚だけ、覚えているのが、結婚前に友人と遊んでいる写真。

 

その友人が飼っていた猿が一緒に写っていました。

 

たぶん、あの子がわたしだろう、と勝手に思っています(笑)

 

きれいな役ではありませんが

 

前置き、長っ(笑)

 

今回、KAMI-NAMIのお役をいただいたとき、タッキーさんが、

 

 

きれいな役ではありませんが

 

 

というお言葉を添えてくださっていました。

 

 

いやいやいやいや

 

 

めちゃくちゃうれしいです。
他ならぬ、猿ですよ?

 

わたし、おうちでひとり、
小躍りしながら、
喜んでおりました。

 

そしてお稽古がはじまって、
いただいたオーダーは、
あたらしいわたしのはじまりでした。

 

猿ではじまる

 

「猿」というシンボルは、芸事をしている身としては「はじまりの動物」というイメージが強いのです。

 

狂言であれば、
「猿にはじまり、狐に終わる」
と言われるように、

 

『靭猿』で初舞台を務め、
最終課題は『釣狐』。

 

猿から狐。
あら、毎日会っている方々ですね。

 

日本舞踊や歌舞伎では、家系にもよりますが、やはり『靭猿』の小猿の役で、初舞台を踏むことが少なくない。

 

猿ははじまりの動物。

 

KAMI-NAMIに参加させていただいて、
お稽古中から感じていたこと。

 

わたしがもう一度はじまったような感じ。

 

いままでの、たくさんをぜんぶひっくるめて。

 

目を閉じていたこと、ほんとうに欲していたこと、これから「こう在りたい」と思うこと。

 

「わたし」をあつめて、新しい「わたし」をはじめる。

 

本番6回。ありがたすぎた6回。
まだまだまだまだ……と思った6回目。
はじまりの、おわり。

 

猿は、はじまりの、動物。

 

『チーム猿』最幸でした。とても楽しかった。とっても頼っていました。ありがとう。

手放すもの

 

今回、はじまったと同時に、
手放すものが見えてしまった。

 

ここまで明確に?
というくらい。

 

さみしくもあり、
そういうものか、
という納得もあり。

 

感謝をこめて、手を放します。

 

その準備も、ほんとうは
少し前からはじまっていました。

 

「手放す」というのは面白い言葉です。

 

自分の意志で手を放す。

 

だから、

 

また、いつでも自分で
取りにも行けるものだと思うのです。

 

今、必要だから、手を放す。
捨てるのではなく。

 

まぁ

 

よしんば捨てたとしても、
捨てるのも自分の意志だから、
また自分で拾うことだって
できるわけですけどね(笑)

 

自由ってことです。
それくらい、自由。

 

all or nothing

 

である必要はなくて。

 

また拾うかも~
そのときはまたよろしく~

 

っていうかんじのグレイでよし。

 

「また」のときがもし来たら、
多分取りに行くものも、
拾うものも、

 

同じもののようであっても
質が変わっているはずなのです。

 

 

それは、今回わたしがもういちど
「取りに行った」ものがあるから、
そう思うんですよね。

 

一回、手を放したんだけど。

 

手を放したから、
やっぱり、側に居たいと思った。

 

そして、もう一度側に行ったら、
やっぱり大好きで、
触れられるのが、
とてもしあわせだと思ったのです。

 

だから、今、
手を放すものも、
こわくない。

ますます猿が好きになる

 

猿、もともと好きなんです。

 

高尾山でぼーっと猿を見てるとしあわせですし。

 

KAMI-NAMI前に、
動物園には行けなかったけど、
高尾山は行きました。

 


そして、

 

あ、そういういえば、
こんなところにも居たね
て、猿さんをも一度発見しています。

 

この子たちは銀座在住の猿さん。

 

KAMI-NAMI
は波なので。

 

じわじわと、届いてきます。

 

第何波までくるでしょうか(笑)

 

心地よく振り返りもしつつ、
すてきな波に乗らせていただいております。

 

 

きょうもありがとうございます。