短い睡眠時間でも、心地よく熟睡する方法。

寝付きがすごくよくて。
お布団に入ったら3分以内には寝ちゃうね!

 

なんて言っている人を見かけたことはありませんか?

 

え。
あなたが、そう言ってる人だったりしますか?

 

それ、残念なんですが、
寝付きが良いのではなくて、

 

疲れすぎて、「気絶してるみたいなもの」かもしれません。

 

短い睡眠時間でも、心地よく熟睡する方法

 

ということで、

短い睡眠時間でも、心地よく熟睡する方法

を、お伝えしようと思います。

 

方法は、ものすごくかんたん

ちいさな整体師®あしなか

を、寝る時に履くだけ。

※あしなか、の詳しいご紹介はこちら

睡眠の常識を、書き換えよう

 

睡眠時間を7時間とろう、ということがしきりと言われます。

もちろん、7時間睡眠できたら、うれしいです。

 

でも。

 

すこやかな睡眠は、「時間×質」で決まります。

 

たとえ睡眠時間が3時間だとしても、その質が80%であれば、睡眠スコアは240点
もし、睡眠時間が7時間でも、その質が10%であれば、睡眠スコアは70点

※「質」は体感的なものになりますが。

 

睡眠時間がたとえ短くても質をあげることで、睡眠スコアが上がります。

 

 

熟睡するために、からだ・筋肉を、ゆるめよう

 

本当にひとことでいうと、

熟睡するために必要なことは

 

からだ・筋肉をゆるめること

 

これだけです。

 

まずは誤解の訂正を。

 

睡眠に関しての研究が進んでいます。
特に多くの人がふたつの大きな誤解をしたまま、睡眠のお話をしているんですね。

誤解その1:睡眠のゴールデンタイム

22時~2時が、睡眠のゴールデンタイム

これ、すこーし古いおはなし。女性のあいだでは、シンデレラタイム、なんてすてきな名前で呼ばれていたりしますが、、、

ぶっちゃけ。

何時に寝てもいいです。(人間の性質上、午前3時までには、お布団に入ってほしいのですが。)

「寝入りばなの90分」が、睡眠のゴールデンタイム。

最初の90分に、どれだけ深い睡眠に入っていけるか、が勝負、なんですね。

その90分を大切にできれば、何時に寝ても、質の良い睡眠にたどりつくことができます。

誤解その2:寝つきが、、、いい?

布団に入ってすぐ寝ちゃう=寝つきがいい

 

質のよい睡眠のためには、「からだが寝る準備」が必要です。
布団に入って8分以内に寝ている場合、それは

 

疲れすぎてて、気絶している

 

状態に近いかもしれません。結果として「からだが寝る準備」ができないうちに寝ているので、そこで睡眠の質が落ちてしまいます。

 

理想の入眠時間は16分くらい、、、です。

 

そのあいだに、

からだをゆるめ・筋肉をゆるめ・副交感神経をしっかり起こして、

「さぁ、寝るよ!」

となるのが、いちばんやさしい睡眠の流れです。

 

睡眠の質を上げるために必要な3つの条件

 

睡眠の質を上げるためには3つの条件をそろえればOK

たった3つです。

 

①筋肉をゆるめること

たぶん、「お風呂にゆっくり入る」「寝る前にストレッチをする」という方は少なくないと思います。これらの目的は、『筋肉をゆるめること』でしょう。

筋肉をゆるめることは、すなわち、副交感神経を優位にすることです。
リラックスすることで、からだがしっかりと、深い眠りに落ちていくことができます。

 

②朝ごはんにタンパク質

ひとくちにタンパク質、と言っても、おススメするのは、納豆・豆腐・お味噌のような大豆製品、それから、チーズ・バター・ヨーグルトといった乳製品。

あと朝ごはんには、卵やバナナ(これはタンパク質ではありませんが)が有力候補になります。

ポイントは「トリプトファン」というアミノ酸の一種を多く含んでいる食材だということ。

トリプトファンは16時間かけて、睡眠ホルモンである「メラトニン」に変化していきます。

朝ごはんでその原料がないと、「メラトニン」が作りにくくなってしまうというわけです。

 

③日光を浴びる

さて、朝ごはんに「トリプトファン」をたくさん摂ったからよし、、、

ではないんですね。

トリプトファンを材料にして日中「セロトニン」をたくさん作っておきたいのです。

セロトニンは、脳内物質の一種で、幸せホルモンとも呼ばれることがありますね。

このセロトニンが、夜になると松果体に働きかけて、睡眠ホルモン「メラトニン」が作られます。

セロトニンの量が少なければ、「ねぇねぇねぇねぇ」と働きかけてくれる量が減るわけで、「メラトニン」も少なくなります。

セロトニンは日光を浴びることで、生成されます。

あとはおまけで、リズム運動をすることでも生成されやすくなる。

 

なので、日中にセロトニンをつくること、を忘れずにしておきましょう。

 

①~③の必要な条件のなかで、いちばん大切なのは①です。

なのに、どうにもそこを言っている人がすくない。

②と③の条件を調えても、①の条件がそろわないと、睡眠の質は落ちてしまいます。

 

 

ご提案したい、寝る前5秒の超かんたん習慣

 

筋肉をゆるめること、を、

お風呂より、ストレッチより簡単にする方法があります。

 

それは

 

ちいさな整体師®あしなか

 

を使うこと。

 

ちいさな整体師®は、はくだけで足からからだをゆるめて、ここちよい睡眠に誘ってくれるアイテムです。

 

寝る前に履くだけ。5秒ですみます。

 

こんな簡単なこと、試さない手はないですよね。

まとめ

 

「睡眠の質」をアップしよう。

熟睡するために、からだを、筋肉を、ゆるめよう。

まいにち、睡眠スコアをアップさせる「4つのチェック」に取り組んでみよう。

 

<4つのチェック>

・朝ごはん食べた?

・日光浴びた?

・リズム運動した?(ウォーキングで十分)

・あしなか、履いた?

 

まいにち、4点満点ですごしてみてください。

できないときは、とにもかくにも、あしなかを履くのをお忘れなく。

 

すこやかでおだやかな眠りとともにありますように。

 

+*:゜+。.☆ ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆
★LINE公式登録後、リッチメニューからあしなかをご注文いただけます。
★最新情報はLINE公式でお届けしています。