押したり揉んだりして柔らかくなるのは、死んでるお肉だからなんです。

こんにちは、桜井ちえです。

 

ご来訪ありがとうございます。

 

 

 

お料理で使うお肉は、ガンガン バシバシ 、遠慮なくたたきましょう♪

 

どんどん柔らかくなりますね ♪

 

はい、唐突に失礼しました。

 

お料理で使うお肉がたたくとやわらかくなるのは、

 

筋組織をたたいてブチブチと切っているから

 

なんですね。

 

死んでるお肉は、そのあと再生することはないので、切れっぱなしでやわらかくなって、まったく問題ありませんが……

 

 

わたしたちは生きているので。

 

 

死んでるお肉はたたいて、組織をぶった切って、柔らかくなって、おいしくなって、めでたしめでたし、なのですが。

 

わたしたちは生きているので、

 

組織をぶった切って、めでたしめでたし、とはいかないのです。

 

残念ながら。

 

生きているお肉の経過を考えよう

 

生きているお肉(わたしたちのカラダ)はどういうことになるか、考えてみましょう。

 

1.凝ってるところをグイグイ押したり、揉んだり、バシバシたたいたり、ストレッチ!といって無理に引っ張る

 

スタンダードなマッサージでおこなう、押す・揉む・叩く・引っ張るという行動。

 

このすべての行動は、筋組織を一時的にブチブチと切っているわけです。

 

そうすると、一時的に柔らかくなった気がします

 

強いマッサージなどのあとに、なんだか軽くなった気がするのはこのときです。

 

まな板の上のお肉はここまでで、柔らかくなってOKですね。

 

しつこいようですが……

 

死んでるお肉ならそれでいいんですけど……

 

生きてるヒトには、この先があるのです。

 

2.傷ついた筋組織を、カラダは修復しようとします

 

筋組織をぶった切る、ということは、筋組織が傷ついている、ということです

 

生きているカラダは傷ついた箇所があれば、修復しようとします。

 

修復したい箇所には血液(=酸素)を送って、早く治るようにとがんばります

 

本当にひどい傷ができたときって、血液を送るために毛細血管が増えたりするんです。

 

人間のカラダって、スゴイです。

 

このはたらきがおきているときが、

 

押したり揉んだりしたあとに、なんだか温かくなったように感じるときです

 

なんだかぽかぽか気持ちイイ……のですが、

 

これまた、一時的に血流がよくなっているだけなのです。

 

 

3.傷ついた組織を補強します

 

 

血液を送って、修復作業が進みます。

 

傷ついた場所は、今までより頑丈にしないと!

 

と細胞が修復作業をがんばります。

 

しかし、ツギハギ状態で補強するので、その部分だけ厚く硬くなってしまいます

 

穴の開いた服を修繕すると、その部分だけ糸の量が多くなって、分厚くなるのに似ています。

 

さて……

 

3のあと、どうなるでしょう?

 

4.また硬くなって、ツラくなる

 

そして1に戻ります。

 

ぐるぐる。

 

1~4のくりかえしで、マッサージ通いが続くわけです。

 

わたし自身が経験済み。

 

終わりが見えないのです。

 

ツラい状況を何とかしようとして、ますますツラくなっている、ということがあるんですね。

 

そうならないために、さとう式は、押さない・もまない・ひっぱらないなのです。

 

カラダをぐるぐる状態にするのではなく、ラクになる方向へ、自然な本来のカラダの方向へと戻すケアをしています。

 

※押す、揉む、にも実際はいろいろあります。もっと詳しく勉強したいなー、知りたいなー、という方はサロンにきてくださいねー。

 

.+*:゜+。.☆ ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

★心地よい身体をつくる施術の予約はコチラ へ

★最新情報はLINE@でお届けしています。

7日間無料メール講座

【さとう式リンパケアを125%活用して、
美姿勢&快適ボディバランスの
年齢不詳美人になる!】7日間メール講座

さとう式リンパケアの入り口としても、
さとう式リンパケアをよく知っている方も、
あたらしい発見があるかもしれません♪

 

自分に近づくメールマガジン

身体に楽を、ココロに軸を、未来にワクワクを♪
ブログやfacebookよりマニアックに、
ちょっと辛口に、メルマガ発信中!

 

さとう式リンパケアをまなびたい方へ
講座も開催しています。

 

 

そのほか講座のご案内はこちらから。

時間が合わない、受けたい講座がリストにない、など、お気軽にお問い合わせください。