耳たぶを、まわす?さとう式の基本の「き」!

こんにちは、chieです。

 

さとう式リンパケアでよく知られているのが耳たぶまわし

 

ご存知ですか?

 

講座などでは、よくみんなで「耳たぶポーズ」をしています。

 

こんな。

さて、どうして「耳たぶをまわす」のでしょうか ??

 

さとう式は、基本、オープンなので、you tube でも検索すると、たくさんの動画が出てきます。

 

それをみながら、耳をぐるんぐるん回している方がよくいらっしゃいます。

ごめんなさい、それ、効果出ません……

 

「耳たぶまわし」とはいいますが、

 

ほんとうに耳たぶをまわすわけではありません。

 

耳の付け根に触れて、咀嚼筋をゆるめる

 

ことが目的のケアなんです。

 

咀嚼筋をゆるめて、まずこの部分の間質液の流れをよくします。

 

今日のトップ写真のとおり、「ココじゃなくて・・・、ここ!」(笑)

 

咀嚼筋は、ものを噛むときに使う筋肉です。

 

頬から顎にかけて存在しています。

 

咀嚼筋の緊張

 

じつは、これが全身の不調の最上流

 

歯の治療中だったり、噛みしめる癖のある方だと、ピンとくるかもしれません。

 

歯が痛かったり、噛みしめて顎関節に負担がかかっていると、頭痛や肩こり、カラダのバランスまで悪くなることがあります。

 

これは、筋肉が連動していることが原因。

 

無意識に使っているカラダですが、全身の筋肉はすべて連動しています

 

  • お顔まわりの筋肉は、首、背中、胸まで
  • 胸の筋肉と腕、腕と背中、背中と腰
  • おなかの筋肉、骨盤の中の筋肉は足まで

 

といったふうに、順番に全部連動しています。

 

普段、そんな意識をすることはないかもしれないのですが。

 

よく、くつひもで例えます。

 

くつひもを締めすぎて窮屈な時、まんなかや、ヒモの先から緩めようとしても、ゆるみません。

 

一番下の部分から、順番にゆるめますよね。

 

からだもいっしょ。

 

一番根っこの部分をゆるめてあげないと、ほかがちゃんとゆるまない。

 

だから、耳たぶをまわします。

 

でも

 

強いと逆効果なんです。ぐるんぐるんは、NG。

 

この強さが、you tube ではわかりません。

 

さとう式で大事にしている「優しく、弱く」は、体験すると、みんながびっくりする優しさです。

 

kefi でも、耳たぶからケアをはじめることが多いです。

 

無料講座でも、ちょこっと体験できます。

 

「耳たぶまわし」

 

やさしさの体験、してみませんか ?

 

+*:゜+。.☆ ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

kefi でのカラダメンテナンスのご予約・各種お問い合わせはコチラ ♪

kefi で受けられるさとう式リンパケア各種講座のご案内はコチラ ◎

★最新情報は、LINE@でお届けしています。