思い込みを手放す方法。

こんにちは、桜井ちえです。

 

突然ですが、問題です。

 

【太陽は(①)から昇り、(②)へ沈む。】

 

①と②に入る漢字を書きましょう。

 

はい。
できましたか??

 

わたし、小学生のとき、この問題の答えを、

 

①=西、②=東、と書いたことがあります。

 

もちろん、ペケです。

 

しかし、納得いかない。
ともだちに、こう言いました。

 

バカボンの歌で、そうやって言うとるやん!

 

冷静なともだちは、

 

バカボンやから信じたらあかんのや。
逆や。

 

と、さらりと答えてくれました。
おかげで、2度とこの問題を間違うことはありませんでした。
そして、「TVを疑う」ということを覚えました。

 

てってれー(レベルアップの音)

 

小学生のちえちゃんは、
TVはみんなほんとのことを言っていると
「思い込んで」いたんですね。

 

それ以前に、授業をちゃんと聞けよ、って話ですが(笑)

 

みなさまは、どんな「思い込み」を経験したことがありますか?

 

 

さて。

 

前置きが長くなりました。

 

太陽が上る方角を逆に覚えるくらい、
現代社会ではたいした問題にはなりません。

(漂流している時にこれを間違えたら、死活問題にもなりますが。)

 

では、カラダに対する思い込みは?

 

カラダへの思い込み、ありませんか?

 

たとえばこんな思い込み。

 

  • 汗をよくかく人は、代謝がいい。
  • 筋肉が多い人は、代謝がいい。
  • 膝が痛いときは、膝が悪い。
  • 腰が痛いときは、腰が悪い。
  • 背筋を伸ばせば、姿勢はよくなる。
  • 骨折したら、歩けない。

 

たとえばが多くなりすぎるので、この辺で。

 

上にかいたリストは全部、「思い込み」が含まれるリストです。

 

それぞれの後ろにこんな続きをくっつけることができます。

 

汗をよくかく人は、代謝がいい。
しかし、汗をよくかくけど、代謝の悪い人もいる。

 

筋肉が多い人は、代謝がいい。
しかし、筋肉が多くても、代謝の悪い人もいる。

 

膝が痛いときは、膝が悪い。
ということはなく、実は腰が悪いこともある。

 

腰が痛いときは、腰が悪い。
わけではなく、実は足や靴に問題があったりする。

 

背筋を伸ばせば、姿勢はよくなる。
かもしれないが、逆に悪くすることもある。

 

骨折したら、歩けない。
こともあるが、骨折した骨によっては痛いが歩ける。

 

え??

 

て思ったもの、ありましたか?

 

思い込みのままで治療とかダイエットとかトレーニングとかしている場合、どんなにがんばっても、思うように結果が出ないことがあります。

 

結果が出ない=チャンス!!

 

結果が出ないときは、「なんかおかしい?」と考えるチャンスです。

 

あ、カラダのことに関して1回や2回で結果が出ない、と思ってジプシーしている人がもしいたら、それはやめたほうがいいと思いますけどね。

 

カラダは長い目で、ゆったりと見てあげたほうがいい。

 

ただ、「3ヶ月、自分にできる限りのことをしたはずなのに、結果が出ない」とか、「逆に悪くなっているような気がする」という場合は、

 

今やっていることがどこかおかしくないか、
見直しをするチャンスです。

 

すごくよく聞く次の2ふたつ。

 

  • 1回やったけど、イマイチだった。
  • 何ヶ月もやってるけど、イマイチ。でもみんながいいっていうから……

 

前者はジプシーして混乱しやすい人(そういうのが好きな人もいるので、それはご自由に。)
後者はよく言えば我慢強い人。ちょっと突っ込ませていただくと、自分のことがちゃんと見えていない人。

 

わたしのこと??

 

と思った方でほんとうに困っている方は、桜井までご一報ください。
ちょっとお話ししましょうか。

 

 

※思い込み番外編。ムーミンの大きさ。ムーミンは人間の手のひらよりちょっと大きいくらいのサイズ、なんですよ。スナフキンも、人間ではないのです。

 

自分のカラダへの思い込みを手放す

 

わたしがケアや講座でお伝えしたいことって、

 

自分への思い込みを手放す

 

ということなんだと、
最近とってもはっきりしてきました。

 

思い込みを手放して、
『今』をしっかり感じられるように。

 

自分の身体の感じ方を知り、
「こうなったら楽」
という状態を知る。

 

「こうなったら楽」
という状態を知っていたら、つらくなる前にトラブルシューティングがしやすくなります。

 

カラダへの思い込みは、その人の思考そのものだったりもします。

 

カラダへの思い込みを手放すことは、あらゆる思い込みを手放す足がかりになると思っています。

 

それから、カラダのしくみ、影響の出やすい場所、ご自身のクセ。

 

そういうものを、ケアをしたりお話したりしながら、自分で感じられるようになっていただけたらステキです。

 

自分に気づくのって、楽しいですよ?

 

サロンにおいでのときは、しっかりケアできるのですが、毎日サロンに来ていただくわけにはいきません。なので、かんたんにできるおうちケアを、お伝えしています。

 

ご自身のカラダの「楽」を知って、そこへ毎日水遣りをしましょう。

 

カラダはどんどん、よくなりますから。

 

「今まではこうだった・・・」じゃなくて、『今』どうか?

 

これもよく聞くことなのですが・・・

 

今まではこうだったのに……

 

うん。
わかります。

 

今までと違うことって、戸惑いますよね。

 

変化に弱い方っていらっしゃる。
どんなに良い結果が待っているかもしれない、
ということでも

 

「今までどおり」

 

の安心感を優先する。
そんな方もいらっしゃいますよね。

 

これも、「思い込み」のひとつです。
どこか日本人的な思い込み。

 

こ、このつらさを……
この苦労を……
乗り越えたら、
明るい未来が待ってる!!

 

みたいな。

 

いや、そういうときもあるかもしれませんが。

 

結果が十分に出なかったものは、
一旦手放していいんです。
それからまた、考えればいい。

 

 

登る必要のない山に、登りっぱなしでいる必要はないでしょ?

 

さっさと降りて、近くの小川や林に入ってみたらいい。

 

それで、いろいろ試して、

 

やっぱりあれがいいみたい。

 

と思ったら、戻ることだってできる。

 

でも、そこにとどまったままだと、もっといいものに出会うチャンスをのがしていることになる。

 

留まることは、後退するのと同じこと

 

そんな一面があることをお忘れなく。

 

出会えるチャンスには、出会いに行ったらいいんです。
そのために必要なことはただ一つ。

 

とにかく 『今』 を感じること。

 

判断をシンプルに、正確にするものって、それでしかない気がしています。

 

『今』必要な方に、ケアも講座も、お届けすることが、わたしにできる最幸のおしごとだとおもっています。

 

あなたには『今』、どんな「思い込み」がありますか?

 

.+*:゜+。.☆ ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

kefi でのカラダメンテナンスのご予約・各種お問い合わせはコチラ ♪

★最新情報は、LINE@でお届けしています。

◆kefiでは、さとう式リンパケア各種講座を随時開催しています。

そのほか講座のご案内はこちらから。

時間が合わない、受けたい講座がリストにない、など、お気軽にお問い合わせください