3つの「腔(くう)」をととのえれば、姿勢は自然にキレイになる。

こんにちは、桜井ちえです。

 

さとう式リンパケア・MRTでは、「腔をととのえる」「腔を立てる」というキーワードがとってもたくさんでてきます。

 

いきなり「」っていわれても    ですよね。

 

かんたんにご説明すると……

 

カラダには、口腔・胸腔・腹腔といった、内側の空間があります。おおきく、3分割。

 

この空間が「腔」です。

 

「腔」がきれいな筒の状態になっていると、収納されている内臓も、外側を覆う筋肉も、負担なくそれぞれのおしごとをすることができます。

 

キレイな形のペットボトルのイメージです。

 

さて、このペットボトルがつぶれる(=「腔」がつぶれる)とどうなるでしょう?

 

 

収納されている内臓が圧迫されたりねじれたり、外側の筋肉もひっぱられたり、ねじれたり、するんですね。

 

これが、「カラダにトラブルがおこる原因」です。

 

そして、↑の状態だと、右側は水が500ml入らない。ペットボトルなら水を抜いてOKですけど、人間のカラダから内臓を抜いたりできないので、内臓ごとつぶれて、不調が起こる、というわけです。

 

さとう式は理論がたくさんあるようでいて、じつは、ものすごくシンプル。

 

  • 筋肉を柔らかくすると、腔がととのう
  • 腔をととえないと、間質液はながれにくい
  • 間質液が流れにくい歪んだカラダは、不具合がおこりやすい

 

だから……

 

腔をととのえよう ♪

 

アプローチはいろいろですが、ぜんぶ、ここにたどりつきます。シンプルだからこそ、誰にでもできて、誰のカラダにも結果が出るのです ◎

 

腔のととのったカラダは、スッと姿勢がよく、しかも自然でとても美しいです。あなたもそんな姿勢を無理せずに手に入れてくださいね。

 

.+*:゜+。.☆ ☆。 .:*・゜.+*:゜+。.☆

本気で身体を変えたいなら
『リンパマッサージ』より、
優しい『リンパケア』がいい。

kefi での施術をご希望の方はコチラ

 

★最新情報はLINE@でお届けしています。

おともだちになってくださると、
セルフケア動画&初回ケア1000円OFF
のプレゼントがついてきます♪

 

さとう式リンパケアをまなびたい方へ
講座も開催しています。

 

 

そのほか講座のご案内はこちらから。

時間が合わない、受けたい講座がリストにない、など、お気軽にお問い合わせください