「第3回出版オーディション」に、挑戦しています。

出版オーディション表紙

出版オーディションに参加しています。
伝えたいことが、あるから、本にしたいと思いました。

 

フェーズフリーなからだをつくる。

「誰」がいなくても困らない
安心できるからだをつくる。

そのために必要な『動くサプリ』を本にしたい。

 

からだには絶対があって
それを知っておくと
からだに振り回されない自分になれる。

 

自分に余裕が持てるということ。
それは自然に、周りにやさしくなれるということ。

第3回出版オーディションに挑戦しています。

 

優勝すると、出版できる。
それが、出版オーディション。

 

だが、道のりは長い。

 

<予選> ←いまココ
2022年9月1日~10月31日
web投票で上位7名が本選に進めます。

 

<企画書ブラッシュアップ期間>
2022年11月1日~2023年1月7日

 

<本選>
2023年1月8日
web上位7名、動画部門上位3名、敗者復活2名
計12名でのプレゼン大会。
その場(ZOOM会場リアルタイム)に参加してくださる方の投票にて優勝が決まります。

 

ただいま予選の真っ最中です。

 

 

応援(=投票)おねがいします♪

 

おひとり10票、持ち票があります。

第3回出版オーディションには
エントリーしている参加者が61名います。


この写真にピンときたら(笑)

 

お時間が許しましたら、
みなさまの企画書を
ぜひお読みいただきたいです。

 

たくさんの分野の「想い」
が詰まった企画書ばかりですから。

 

そして
「この本が読みたい!!」

と思われた企画に投票してくださいませ。

 

企画書は出版オーディションHPからご覧いただけます。
(FBにて他己紹介を書かせていただいております。)

 

櫻井千恵は、No.16です。
↓クリックすると櫻井の企画書に直で飛びます。

ちなみに、動くサプリはこんなイメージ。

 

投票のしかた。

 

投票の手順が多いので、
お時間のあるときに。

 

手順は画像をご覧いただくのが早いです。
まずは、出版オーディションHPへ行っていただき、、、

↓↓↓

★④の手順のあと、、、

「岡崎かつひろ」さんの公式LINEへの登録画面になります。
こちらは、登録してもしなくてもOKです。

 

岡崎さんは、このオーディションの主催者さん。
もし、今後、出版オーディションに参加してみたい、、、
という気持ちが1mmでもあったら、登録してみてください(^^♪

 

↓続き。

★の横の数字が10になると、
それ以上はタップできなくなります。

 

票を分配した場合も、
トータル10になったところで
それ以上はタップできなくなります。

 

お手数をおかけしますが!
ぽちぽちと「指」で応援していただけたらうれしいです!

 

 

kindle出しなよ。

 

このオーディションに参加していることをお話しすると

kindle出しなよ。

という声をいただくことがしばしば。

 

流行っていますものね、kindle。
持ち運びも便利だし。

 

でも、私は、「紙」の本をつくりたいのです。

 

本は1冊ごとに、著者の想いに沿って

 

紙の質感、紙の厚さ、本の大きさ、文字の大きさ、行間、インクの濃さ、表紙の装丁、表紙の質感、、、

 

細分に触れる「感覚」にも訴えかけられるのが「紙」の本。

これは、電子書籍では味わうことのできないもの、届けることのできないものです。

 

便利ではあるけれど、スマホやPCでほとんどの情報に
「触れられる」ようになったいま、

 

「触れる」という感覚に作用するもの
「触れる」という感覚を呼び起こすもの
に、敏感でありたいと思うのです。

 

だから、「紙」がいい。

人間の文明がここまで発達してきた影には

 

「紙」によって文字が残される、伝えらえる
という過程は不可欠なものでした。

 

だんだんと、「紙」の文化が小さくなってきている気がします。

 

そんな今だからこそ。

 

からだを扱うひとりの職業人として

「紙」の触感といっしょに、からだの本をお届けしたいと思います。

 

妄想族、妄想中。

 

出版に際して、したいこと。

 

応援してくださったみなさまと『動くサプリ』で遊ぶこと。

全国各地にお礼参り(笑)
しながら、みんなでからだで遊びます。

 

参考図書たくさん

わたしの本の中には

 

『動くサプリ』に至る思考をくださった先生方の本
以前在籍していた劇団の主宰が書いた本
これまでにたくさん学ばせていただいた尊敬する方々の本

 

に「参考図書」として登場していただきます。

 

どの本も、これからの「からだ」に必要なことがぎっしり詰まっている、一緒に読んでいただきたい本。

 

紹介しまくります(笑)

 

国会図書館で検索

 

国会図書館が大好きなのです。
検索して取り寄せると、

 

うわ!
30年前にもう、こんな思考をしていた人がいるんだ!!

 

という本に出会うことがある。

 

もぅ、その場で踊り出したくなる。

 

『うごくサプリ』も30年後
「誰か」が国会図書館で検索して手に取って

 

思わず踊りだしたくなるような本になったらいい。

 

こんな妄想を繰り返しています。

 

なにより。
軽やかなからだで生きる、のお役に立つはず。

 

「え、こんなことでよかったの?」

 

という、
驚いて笑っちゃう読者さんの
笑顔と笑い声を妄想しています。

 

一緒に、動こう。

 

軽やかに、おだやかに。

 

情報が多いのはありがたいことです。
ただ、情報が過ぎて

 

じぶんのからだ

 

よりも情報を優先してしまうと
からだは、泣きます。

 

おいてけぼりにされた
こどもが泣くように。

 

けれど、からだが泣く声に気づけるひとは
まだ、そんなに多くない。

 

大声で泣き叫んでいる状態
(=おおきな病気)
になってはじめて気づくのでは

 

あまりに切ないから
小さな泣き声に気づける

 

自分で自分をよしよし、できる

 

そういうからだになろう。

 

そういうからだでいられると

 

ただ、軽やかに、おだやかに

 

地球の上に立っていられると思います。

 

ということで!
応援していただけたら、うれしいです♪

 

いつも応援してくださるみなさま
ありがとうございます!!

 

そして、ここまで読んでくださって
ありがとうございます!!

とにもかくにも
第3回出版オーディションそのものを
お楽しみいただけたらうれしく思います。

 

 

.+*:゜+。.☆.+*:゜+。.☆

日々の気づきをつぶやいている
メルマガもご一緒に。

 

神保町サロンの情報、
個別のお問い合わせは
LINE公式をご利用ください。

出版オーディション表紙